工藤医院について

・入院設備有り・介護保険入院対応・往診応需・急患随時診療可

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査

当院では体への負担と苦痛を最小限に抑えた内視鏡検査を目指しております。

特徴

吐き気や不快感が起こりにくい

内視鏡が舌の付け根を通らないため、咽頭反射が起きにくく吐き気や不快感がほとんどなく検査を受けられます。

苦痛が少なく体に優しい

内視鏡の直径は約5~6mmととても細いため、鼻へスムーズに挿入することができます。検査中の苦痛も少ないため、強い麻酔が必要なく、体への負担も最小限に抑えることができます。

検査中に会話ができる

鼻からカメラを通すので、検査中の会話が可能です。質問したいときや気分を告げたいときに医師と会話ができるので安心です。

検査終了後30~60分で日常の生活に戻れる

眠くなる麻酔は使いませんので、検査後すぐに日常生活に戻れます。

検査後のお腹の張りを軽減します

通常胃カメラでは胃の中に空気を入れて膨らませた状態で観察をしますが、そのため検査後にお腹の張りや苦痛を感じることが多くあります。当院では空気の代わりに吸収の早い炭酸ガス(二酸化炭素)を使用しているため、検査中や検査後のお腹の張りがほとんどありません。

内視鏡の衛生管理について

内視鏡検査一件ごとに内視鏡洗浄機にて確実に消毒・洗浄をし、日本消化器内視鏡技師会安全管理委員会の示す「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」の推奨する感染管理を行っています。

専門医による検査・診断

当院での内視鏡検査は消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医が責任をもって行います。今まで検査に抵抗があった方もお気軽にご相談ください。